LinuxにJDKとTomcatをインストール

Red Hat Enterprise Linux 4(32bit)にJDKとTomcatをインストールする。

まずは、JDKのインストール。

http://java.sun.com/javase/ja/6/download.html

「JDKダウンロード」で英語ページに移動したのち「Download」。

Platformに「Linux」を選択して「Continue」。

ダウンロード用URLが表示されるので、コピーしてwget。

今回使うのは、これ。
jdk-6u21-linux-i586-rpm.bin

ダウンロードしたファイル名は非常に長いので、リネームしておく。
ファイルに実行権限を付与して実行する。

# wget (コピーしたURL)
# mv (非常に長いファイル名) jdk-6u21-linux-i586-rpm.bin
# chmod +x jdk-6u21-linux-i586-rpm.bin
# ./ jdk-6u21-linux-rpm.bin


正常にインストールできているか確認する。

# java -version
java version "1.6.0_21"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.6.0_21-b06)
Java HotSpot(TM) Client VM (build 17.0-b16, mixed mode, sharing)


ちなみに、Platformでx64用を選択してインストールしようとしたら、ファイルがない系のエラーが出た。



続いてTomcatのインストール。

http://tomcat.apache.org/

現在、Stableな最新版が6.0系なので、これをインストールすることにする。

6.0系のダウンロードページのBinary Distributionsから、Coreのtar.gzをwgetする。
それから、tar解凍してインストール先に移動させてシンボリックリンクを設定。

インストール先は、これ。
/usr/local/tomcat/

# cd /usr/src
# wget http://www.meisei-u.ac.jp/mirror/apache/dist/tomcat/tomcat-6/v6.0.29/bin/apache-tomcat-6.0.29.tar.gz
# tar xvzf apache-tomcat-6.0.29
# mv apache-tomcat-6.0.29 /usr/local
# cd /usr/local
# ln -s apache-tomcat-6.0.29 tomcat
# ls -la tomcat
lrwxrwxrwx 1 root root 20 Aug  7 16:15 tomcat -> apache-tomcat-6.0.29


Tomcatを実行するための専用ユーザーを作っておく。
rootユーザーなんかで起動してしまうと、Tomcat経由でシステム全体に被害が及びかねないので、関係ないファイルには触れないようにする。

ユーザー名、グループ名はどちらも「tomcat」にする。
ホームディレクトリは、Tomcatのインストール先。
/usr/local/tomcat

ディレクトリのオーナーを変更。
# chown -R tomcat.tomcat /usr/local/tomcat/


あとは、設定を調整しておく。

/usr/local/tomcat/bin/catalina.shにJAVA_HOMEを設定する。
JAVA_HOME=/usr/java/latest

自動起動スクリプトも作っておく。
/etc/init.d/tomcat
#!/bin/sh
#
# Startup script for Apache Tomcat 6.0
#
# chkconfig: 2345 85 15
# description: Apache Tomcat Java Servlets and JSP server
# processname: tomcat
# pidfile: /var/run/tomcat.pid
# config: /usr/local/tomcat/conf/server.xml

# Source function library.
. /etc/rc.d/init.d/functions

# Source networking configuration.
. /etc/sysconfig/network

CATALINA_HOME=/usr/local/tomcat
TOMCAT_SCRIPT=$CATALINA_HOME/bin/catalina.sh
TOMCAT_USER=tomcat

[ -f $TOMCAT_SCRIPT ] || exit 0

# See how we were called.
case "$1" in
    start)
        # Start daemons.
        if [ -f /var/lock/subsys/tomcat ] ; then
            echo "Tomcat already started!"
            exit 1
        fi
        echo -n "Starting Tomcat: "
        su -s /bin/bash - $TOMCAT_USER -c "$TOMCAT_SCRIPT start"
        RETVAL=$?
        echo
        [ $RETVAL = 0 ] && touch /var/lock/subsys/tomcat
        ;;
    stop)
        # Stop daemons.
        if [ ! -f /var/lock/subsys/tomcat ] ; then
            echo "Tomcat already stopped!"
            exit 1
        fi
        echo -n "Shutting down Tomcat: "
        $TOMCAT_SCRIPT stop
        RETVAL=$?
        echo
        [ $RETVAL = 0 ] && rm -f /var/lock/subsys/tomcat
        ;;
    status)
        status tomcat
        exit $?
        ;;
    restart)
        $0 stop
        $0 start
        ;;
    *)
        echo "Usage: $TOMCAT_PROG {start|stop|status|restart}"
        exit 1
esac

exit 0


実行権限付与。
# chmod +x /etc/init.d/tomcat

起動の確認。
# /etc/init.d/tomcat start
Starting Tomcat: Using CATALINA_BASE:   /usr/local/tomcat
Using CATALINA_HOME:   /usr/local/tomcat
Using CATALINA_TMPDIR: /usr/local/tomcat/temp
Using JRE_HOME:        /usr/java/latest
Using CLASSPATH:       /usr/local/tomcat/bin/bootstrap.jar

停止。
# /etc/init.d/tomcat stop


最後に自動起動設定。
# chkconfig tomcat on
# chkconfig --list tomcat
tomcat          0:off   1:off   2:on    3:on    4:on    5:on    6:off


これで、完了。

2012年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ