PHS300(cradlepoint 製)をG-Call ( EMobile )で利用

日経NETWORKの2008年11月で紹介されていた、無線LANアクセスポイントの PHS300 、楽天で購入。

G-Call (EMobile)でネット接続をセッティングした。

マニュアルもブラウザでアクセスする設定画面も日本語化されていた。

分かりやすい。



設定手順。

まずは、マニュアルに従って、本体の設定を。

電池を入れて、アダプタをつないで電源ON。

愛用のレッツノートCF-R7でワイヤレスネットワークの一覧を表示すると、

PHS-***

というのが表示されるので、これに接続。

ブラウザから192.168.0.1にアクセスすると、ログインページが表示された。


マニュアルに従って、初期パスワードを入力して「ログイン」をクリック。

初期パスワードはMACアドレスの下6桁。

MACアドレスは本体裏面に書いてある。


無事、ログインできたのでセットアップウィザードを実行。

パスワードやらセキュリティやらを設定。

セキュリティはWPA2、ユーザーログインは不要に。

最後に設定内容の概要が表示されるので、それを確認して「接続」。

以上で本体の設定終了。


次にモバイル側の設定。

ネットワーク名を変えたので、ワイヤレスネットワークの一覧から選びなおして再度接続。

先程と同様に、ブラウザから192.168.0.1にアクセスし、ログイン。

「基本」の「WAN」を表示。

「携帯モデムPPP設定」で、「ユーザー名」、「パスワード」、「APN」を入力。

これらは、G-Call 契約時の情報と同じ。

EMOBILE HW ユーティリティに入力したものと一緒。

入力したら「設定を保存」して「デバイスの再起動」を実行。


以上で設定終了。

白い D02HW をブスッと差してしばし待つと青ランプが点灯。

ネットに接続できるようになった。


ちなみに、ATコマンドの設定が必要、という説もあったが、設定しなくて接続できた。

ファームウェアはバージョン2.2.1。

2012年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

アーカイブ